じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

「失敗するかも?」不安から抜け出すには

失敗できない/失敗したくない/間違えたらどうしよう/上手くできなかったら/失敗への不安に対処する方法

ずっとやってみたかったことがついに出来るという時。新しいことを始める時。試験等、成功すれば何か良い事があるチャンスが巡ってきた時。そんなとき、「失敗するかもしれない」という不安に縛られていると、行動に出るのはとても怖い事のように感じます。

うまくやりたい、成功させたいことであればあるほど、失敗への恐怖も膨らんでいく。それはある程度仕方の無いことではありますが、特に不安が大きい人は、失敗を恐れるあまり、行動する事自体をやめてしまったり、ずっとやりたかったはずのことが重荷になってしまったり、楽しいはずのことも楽しめなくなったり、いつもなら出来る事が、全く出来なくなってしまったり・・・といったように、不安によって、やる気や楽しみがつぶされて、萎縮してしまう事も少なくないようです。

「失敗するのが怖い」そんな理由で、せっかく巡ってきたチャンスを逃してしまうなんて、もったいないことですよね。

「失敗するかも?」という不安でいっぱいになってしまうあなたに、失敗を恐れないために、今すぐあなたに出来る事をご提案します。

不安があるときは、素直に不安に向き合おう

不安にはまっすぐ向き合おう

不安に襲われている自分を情けないと感じたり、不安になってはだめだ!と、なんとか自分の不安から目を反らそうとしてしまう事はありませんか?物事を成功させるには、成功するイメージを持つ事が大事だとよく言われていますから、失敗するイメージや不安にばかり目がいってしまう自分に、ますます焦りや不安を感じてしまう人も多いようです。

ですが、不安を消そうと心がけるだけでは、そうそう消えないものです。ポジティブになりたい/前向きになる方法にも書きましたが、覆い隠して、無視して、無理にポジティブな方向に切り替えようとすればする程、不安な自分への不安、不安な自分への不安を感じている自分への不安・・・・、といったように、不安の連鎖が続いてしまうことも少なくありません。

不安を感じているあなたに何よりも必要なのは、気持ちを落ち着ける事です。ポジティブに物事を捉えて、よし頑張ろう!自分は出来る!と思う事が出来るならそれがベストかもしれませんが、あなたはそういうやり方があっていないのです。

だからといって、成功出来ないということではありません。ポジティブな考え方を身につけるのも大切ですが、まずは冷静に、自分の状況を捉えることに集中しましょう。

気持ちを落ち着ける方法が分からないという人は、まずは自分の気持ちを、思いつくままずらずら紙に書き記していくのはいかがでしょうか。紙に書かれた自分の心を読む事で、いやでも自分を客観的に見つめることになるので、不安と向き合うには良い方法です。気持ちを落ち着ける方法については、「辛い気持ち」の正体を知れば、気持ちは安定するのページも見てみて下さいね。

失敗したら何が起るか?を冷静に考える。

失敗したら何が起るか?どう対処するか?

さて、自分が不安を感じているということを受け止めたら、次のステップに移ります。次に重要なことは、「実際に失敗してしまったら、自分の身にどんな不都合がおこるのか」ということを、冷静に考えてみること。

どうでしょうか?一つ一つ、挙げてみて下さい。書き出してみるのもいい方法です。たとえばあなたが、多額のお金を国に借りて、会社を立ち上げたいと思っているとします。リスクが大きいチャレンジですから、失敗への恐れも大きい状況ですよね。もしも会社経営が上手く行かなくなり、失敗してしまったら、一体何が起こるでしょう。まずは、無職になり、高い確率で借金が残るでしょう。また、周囲の噂になったり、嫌味を言われたりするかもしれません。想像するだけで辛いかもしれませんが、まずは、リアルに想像する事が大切です。

起こるであろう不都合なことを想像したら、次に、それらの不都合なことを、どう取り除いていくかということを考えてみましょう。借金が残って無職になったら、どうやって借金を返すか。周囲の噂になったり、嫌味を言われたりしたら、どうやってそれをやめさせるか。

すると、借金を返すには、再就職して、こつこつ返していけばいいということがわかります。また、周囲の噂や言葉は、放っておけばいつかは静まるものです。

といっても、再就職なんてそう簡単じゃない、借金を返すのはつらい、人の噂に耐えられない・・・・そう反論したくなる気持ちもあるでしょう。

ですが、再就職しやすくなるよう、資格をとったり人脈を広げる事は、今すぐ出来ることです。また、コツコツ借金を返すことや人に噂をされることを、気にしない心を育てる事も、今からとりかかれることです(どんな言葉にも傷付かない心の保ち方)。失敗する事におびえるよりも、失敗しても問題ないよう、準備を進める方が、はるかに有意義だと思いませんか?

失敗することへの漠然とした不安におびえるよりも、なぜ不安なのか?何が怖いのか?その不安・恐怖をつぶすために、何が出来るのか?

どこまでも突き詰めて考えて行く事で、今やるべき事が明確になり、不安で足踏みしている状態から抜け出す事ができます。

それでも消えない不安と、付き合っていこう

不安と期待。セットで付き合っていこう

抱えている不安を具体的にして、不安や恐怖の元をつぶせるだけつぶしたら、失敗への不安は完全に消えるでしょうか。

残念ですが、失敗する不安を完全に消す事は、難しい事だと思います。なぜなら、不安の元をつぶせるよう努力したとしても、成功出来るのかどうか、また、失敗したら何が起こるのか、どんな不都合があるのかは、起こってみるまでわからないのです。何が起こるか分からない以上、「失敗したらどんな嫌なことが起こるだろう」という不安は、完全には消え去らないでしょう。

もっと根本的に言えば、失敗を恐れる気持ちは、成功に期待する気持ちとセットになっています。成功したい、成功したら幸せになれる、と思うからこそ、失敗が恐いのです。ヤル気や希望があれば、不安が起こるのは自然なことなのです。不安を消すのではなく、不安と付き合うことを考えましょう。

不安に対処するのは、決してムダな事ではありません。これまで見てきたような方法でしっかり不安に向き合い、自分なりに対策を練り、出来る事を実行する事で、「出来る事は全てやった」という充実感がわき起こってくるはずです。この充実感は、あなたの心の中の消し去りようの無い不安とつきあっていく上で、何よりも強い味方になってくれます。

まとめ

失敗する不安に襲われたときこそ、不安から目をそらさず、しっかりと向き合って、不安を消すために出来る事を明確にして、実行していく事が大切。
失敗を恐れる気持ちは、どんな人でも持っているものですが、結局の所、どれほど事前に準備をしても、失敗は、起こるときには起こるものです。また、成功したとしても、それが本当にあなたに幸せをもたらしてくれるかどうかは、起こってみないとわかりません。精一杯自分に出来る事をしたら、あとは、結果について色々思いを巡らすよりも、実際の行動に出てみることで、道が開けて行くのかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2015/03/31