じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

職場の人間関係から解放されるには

職場の人間関係のストレスから解放されるには/人間関係の悩み/上司との関係/部下との関係

職場での人間関係は、時としてとても難しいことのように感じられます。
上司、部下、同僚。職場にはいろんな年代の人が、いろんな立場で存在していますから、
スムーズな関係を築くのは簡単ではありません。

たとえ仕事自体は楽しくても、人間関係のせいで職場が嫌になってしまう事もあります。
実際、転職や退職を考える人の大部分が、人間関係に耐えられず決断すると言われている程。
特に上司が自分に合わないタイプだったりすると、毎日がストレスの連続になってしまいますよね。

あなたが職場で過ごす時間は、一日のうちどのくらいでしょうか?その時間中、こうした人間関係のストレスをまともに受け続けるのは危険です。自分では耐えられているつもりでも、急に病気に倒れてしまう人も多いのです。そんな事態を避けるためにも、そして何より、毎日を楽しく過ごすために、職場の人間関係のストレスから解放される方法を見ていきましょう。

①職場とプライベートを徹底して切り離す

仕事とプライベートを切り離そう

仕事場の人間関係に悩んでいるあなた、気づけば、家に帰っても頭の中がそのことで一杯になったりしていませんか?

その状態はとっても危険です。家に帰って職場の人間関係のことを心配したり、嫌な事を思い出したりする事は、何の役にも立たないだけでなく、職場に対するネガティブな印象をどんどん強化してしまうだけです。

職場で何があったとしても、ストレスは仕事場に置いてくるようにして、プライベートとは完全に切り離しましょう。

仕事とプライベートを完全に切り離すためには、かなりの努力が必要ですが、まずは何よりも、過ぎた事をくよくよ悩むクセを無くすことが重要です。悩みについていつでも考えてしまうクセは、意識してなくしていかない限りあなたにつきまといます。これを克服出来れば、職場の悩みに限らず、多くのストレスから解放されます。簡単ではありませんが、少しずつでも取り組みましょう。

そしてもうひとつ、職場の人間関係を、プライベートから徹底して排除することも大切。なるべく、職場から遠い所に住む。職場の人に個人的な連絡先を渡さない。SNSでも繋がらない。どうしても断れなければ、個人的なものとは別に職場用アカウントを作り、そちらでつながるようにする。

また、気持ちを切り替える意味で、仕事着と普段着を分けるのも効果的です。とにかく、プライベートに、職場の事を思い出すような要素を置かないようにします。

このような点に気をつけて、職場の人間関係とプライベートを切り離すことができれば、職場から受けるストレスを、最小限にとどめることが出来ます。職場の人は家にまで乗り込んで来たりはしません。家でまで職場の人の事を考える必要はないということを、忘れないで下さい。

②批判を個人的に受け取らない

仕事は仕事、自分は自分

①の項目でも、仕事とプライベートを分けることが大切だとお伝えしましたが、これは、職場にいるときにも言える事です。

職場で叱られたり、批判されたりすると、ついつい、「自分がだめなんだ・・・」「自分が悪いんだ・・・」といったように、個人的な「自分」と結びつけて、もんもんと考えてしまったりしていませんか?このように、職場で投げかけられた言葉や職場で役割づけられた自分の立場を、自分という個人に結びつけてしまう人は、職場の人間関係で受けたダメージを、余すところ無く全身に浴びる事になるでしょう。実際、職場での人間関係で過度に傷ついて、周囲の顔色をうかがうようになってしまうという人も多いはず。

繰り返しになりますが、仕事の人間関係で傷つかないためには、仕事とプライベートを分ける事がとても大切。職場で何を言われたとしても、職場でどんな失敗をし、どんなに批判されたとしても、それは、あくまで、「職場でのあなた」の問題です。一緒に仕事をしている仕事仲間は、職場でのあなたしか知らないのです。それは、あなたの中のごく一部、ごくわずかな、小さなかけらです。その小さなかけらの部分を批判されたり、否定されたからといって、どうしてあなた全体が傷つく必要があるでしょうか?

傷ついたからといって、職場の問題が解決できるでしょうか?むしろ、萎縮してしまって、仕事が嫌になっていくだけではありませんか?職場で起きた事を、個人的な問題として捉えるのはやめましょう。

自分が悪いんだ・・・という風に、自分個人の問題として考えるクセが始まったら、すぐに、「でも、悪いのはあくまで職場での自分であって、私という人間全体ではないんだ」と、打ち消すように心がけるのもいいかもしれません。

ただ、中には意地悪な人もいますから、わざと「あなたという個人」に対して攻撃をしかけて来る人もいるでしょう。
例えば、「そんな常識も知らないの?」「あなたはどこに行っても通用しない」「それでも女/男なの?」などといったように、仕事に関係のない部分を批判してくる人です。そういう人はただ単純に、あなたを利用して、自分のストレスを発散させようとしているのです。

その批判や攻撃は一般論でも何でもなく、あなたを痛めつけるだけの目的で発せられている言葉です。何の意味もないので、一切真に受けてはいけません。職場にこんな苦手な人、意地悪な人がいる場合は、「嫌いな人と付き合う方法」も合わせて読んでみて下さいね。

③職場を人生の中心にしない

仕事だけで一日を終わらせない

ここまでもお伝えしてきた通り、職場の人間関係にストレスを受けてしまう大きな原因の一つは、仕事とプライベートを分けられないことです。

では、何故仕事とプライベートを切り分けるのが難しいのかというと、生活のほとんどが、仕事に占められているからではないでしょうか。

例えば、忙しいあまり、仕事場と家との往復だけの毎日になっていれば、仕事があなたの全てになってしまうのは当然です。すると必然的に、仕事場の人間関係があなたの人間関係の全てになってしまうわけですね。

これを逆に考えれば、職場の人間関係にストレスを受けすぎないためには、仕事場以外のところに人間関係を作ることが有効だと言えそうです。今、まさに職場と家の往復の毎日になっている・・・というあなたは、仕事と家の往復・・・単調な毎日を変える方法のページも、チェックしてみて下さい。

まとめ
職場の人間関係のストレスから解放されるには、職場の人間関係と個人としての自分を、完全に分けてしまうことが大切。
そのためには、職場中心の生活を改めることが有効です。

公開日:
最終更新日:2015/03/31