じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

嫉妬で苦しむ人へ〜嫉妬を手放す方法〜

嫉妬をやめるコツは、まず隠すのをやめること

身近な人が、自分よりもスゴイ人に見えたとき。ついつい、嫉妬してしまうことはありませんか。

例えば友達が・・・・

仕事で成功していたり、沢山のお金を持っていたり、驚く程ステキな恋人がいたり、人気者だったり、

世間的に評価されていたり、とてもキレイだったり、すごくモテていたり、オシャレだったり・・・。

そんなとき、自分のことのように喜べないのはどうしてでしょう?表面的には「すごいね!」なんて言いながら、心の中では「でも、この子には××なところがあるから・・・・」なんてあら探しを初めてしまったり。自分が相手に負けている、というだけでも落ち込むのに、嫉妬までしてしまうと、本当に情けない気持ちになってしまいますよね。

人に嫉妬してしまって、苦しい・・・そんな時の心の整理方法をご提案します。

嫉妬で苦しいのは、相手との差を意識するから

身近な人にこそ、嫉妬してしまう

あなたの心に、嫉妬がわき起こってしまうのは何故なんでしょう?相手が自分より優れているというだけで、

どうして不愉快になってしまうのでしょうか?

同じように自分より優れた相手を見ても、嫉妬が起こらないこともありますよね。

例えばプロスポーツ選手や、海外で活躍するスーパーモデルを見て、激しく嫉妬してしまう!という人は少ないはず。せいぜい、「いいなー」「私もああなりたい!」という風に、憧れの気持ちが湧くくらいですよね。

一方、嫉妬が起こってしまうのは、もっと身近な人が自分より優れて見えた時です。例えば、自分と同い年で、そんなに可愛いわけではないのに、読者モデルとして活躍している有名人。同じ学校を出たのに、大企業でバリバリ働いて、毎日が充実している同級生。ずば抜けてキレイではないのに、愛嬌がよくて人気者で、モテモテの友人。同じ環境で育ったのに、頭が良くて美人の姉。などなど・・・・

「自分が欲しくてたまらないものを、自分とそんなに変わらない人が、手に入れている」どうやら嫉妬が起こるのは、そんな状況のようです。

身近な人にこそ、嫉妬を感じてしまう。その気持ちをひもといてみると、「どうして私はああなれないの?」という気持ちにたどり着くようです。「私に似たあの人でさえ、あんなものを手に入れているのに、どうして私は手に入れられないの?」という、拗ねた気持ち。「どうして」と理由を探す気持ちは、その違いを何かのせいにしようとします。

世の中のせい。運命のせい。環境のせい。親のせい。私のせい。そんな風に、どうにもできないことを理由にしてしまうと、ますますやりきれなくなってしまいます。嫉妬することで苦しくなってしまう理由の一つは、「相手と自分の差を感じて、その原因探しをしてしまうから」とも言えるかもしれません。

嫉妬で苦しいのは、嫉妬を隠したいから

隠したい、隠せない嫉妬

嫉妬で苦しい理由はもう一つあります。それは、「嫉妬している自分を恥ずかしいと感じる」ことです。身近な優れた人に対して、「どうして私はああなれないの?」と考えてしまうことは、冷静になってみると、恥ずかしく感じられるところがあるかもしれません。

というのも、嫉妬は、自分がこうなりたい、こうしたいという欲望の現れですから、嫉妬している自分を認めるということは、自分の欲望を認めるということ。これはとても難しいことです。

「人気者になりたい」「愛されたい」「成功したい」「お金が欲しい」「ちやほやされたい」誰だって、そんな欲で一杯の自分は、蓋をして隠してしまいたいもの。だからこそ、相手に激しい嫉妬を抱えていても、それを隠そうとして、「すごいねー!うらやましい!」なんて、必要以上に明るく声をかけてしまうものです。結果、本音と建前のギャップが大きくなり、自己嫌悪に陥ってしまいます。

このように、嫉妬で苦しい思いをするもう一つの理由は、「嫉妬を隠そうとしてしまうから」だと言えそうです。

嫉妬の苦しみから解放されるには

嫉妬をやめるコツは、まず隠すのをやめること

一般的には、人と比べないことが大切だと言われます。みんな違ってみんないいのだから、嫉妬なんてする必要は無い。でも、自分と人を比べないなんて、そんなの難しいと思いませんか?もっと簡単な方法から入りましょう。

まずは、「嫉妬を隠すのをやめる」ことから初めてみます。あなたが嫉妬している相手に、何かの機会にこっそり、告白してみるんです。

「実は私、あなたが●●なことに、すごく嫉妬している。だから、すごく嫌な気持ちになることがある」と。

もしも直接話せない相手なら、誰か違う人に、「私は、あの人に嫉妬している」ということを話してみるのもOK。話すまでは、とっても恥ずかしいことのように思えますが、言ってしまえば、全然なんともないということに気がつきます。というのも、嫉妬を抱えているのはあなただけではないのです。誰もが、人には言えない嫉妬を抱えています。

だから、あなたの告白を聞いたら、皆馬鹿にするどころか、嫉妬を認められるあなたの強さに、感動するはずです。ひょっとすると、話した相手も、こっそり持っている嫉妬のことをあなたに教えてくれるかもしれません。

嫉妬を隠さなくてもいいということが分かると、嫉妬の苦しみの、少なくとも半分は消えてしまいます。(実際のところ、全部消えてしまう人も多いのではないでしょうか。)

「嫉妬を告白する」ことは、嫉妬の苦しみから逃れる、とてもシンプルな方法です。

それが出来ないから苦しんでいる・・・と思うかもしれませんが、「嫉妬の苦しみから逃れたい」と思っているあなたは、自分が抱えている苦しさを「嫉妬だ」と意識出来る強さと冷静さを持った人。嫉妬を嫉妬だと認められない人の方が多いんです。それを認められるあなたなら、自分の嫉妬心を告白することも、きっと難しくないはずです。

まとめ

嫉妬の苦しみは、人と自分を比べてしまうことと、嫉妬する自分を恥ずかしい、隠したいと思ってしまうことから生まれる。この苦しみから解放される為に、まず、嫉妬する自分を認めて、嫉妬していることを告白してみよう。

公開日:
最終更新日:2015/03/31