じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

キレイな部屋を保つコツ/お掃除しやすい部屋の作り方

掃除が苦手/楽に掃除したい/掃除しやすい部屋って?

掃除が苦手で、家がすぐに散らかってしまう・・・。やっと重い腰を上げて掃除を始めても、なかなかはかどらない。

そんな「掃除下手」のあなた、「私はズボラだから・・・」なんて、諦めていませんか?

もしかすると悪いのはあなたではなく、あなたのお部屋の方かもしれませんよ。

実は、お掃除ができない、お掃除がはかどらない部屋には共通点があります。コレさえ直せば、掃除がグンと楽になる!「掃除しにくい部屋」5つの特徴を並べてみました。お掃除習慣を諦める前に、まずは以下の特徴にお部屋の状態があてはまるか、チェックしてみて下さい。

①家具と床の隙間が小さい。

家具と床の隙間の大きさに注意

まずは、床に置いている家具をチェックしてみましょう。家具の底面と床の間には、どのくらいの距離がありますか?

理想は、10センチ以上の隙間があること。その次にいいのが、距離ゼロ。つまりぴったり密着していること。一番良くないのが、密着していないけど、10センチ未満の距離しかない状態。

何が問題なのかというと、こうしたちょっとした隙間の中には、どんどんホコリがたまっていくんです。

10センチ以上あれば、掃除機のヘッドが中に入り込めるから問題ないのですが、10センチ未満だと掃除機が入らず、ホコリをとるのが非常に面倒になります。冷蔵庫など、しょうがない物もありますが、家具を買うときは可能な限り、脚が長くて、床との距離があるものを選ぶようにするといいかもしれませんね。

②コードを床に這わせない

床のコードは、ホコリのたまり場!

これも床に関するところなのですが、テレビやDVDデッキなどの、コンセントに繋ぎっぱなしの電子機器のコードが、床の上を這い回っていませんか?

床の上で重なり合ったコードはホコリの温床。また、掃除機をかけるときも、からみついて邪魔してきます。

この状態を避けるには、電子機器をなるべくコンセントの近くに設置して、延長コード等、余分なコードがいらない状態にすること、電子機器のプラグをコンセントにつないだら、長すぎて余った部分は結束バンドでひとまとめにすること。3、4本プラグを挿せるマルチタップは、台の上等高い位置に設置して、床に置かないこと、などが挙げられます。床がすっきりすると、掃除機をかけるのが本当に楽になります。是非、コードの状態を見直してみてください。

③カーペットの毛足が長い

長い毛は、ゴミを絡めとって覆い隠す!

毛足の長いカーペットは、温かかいし、肌触りもいいし・・・とっても魅力的なのですが、掃除という面からいうと、取り替えたほうがいいかもしれません。

カーペットの毛はありとあらゆる小さなゴミを絡めとってしまいます。特に問題なのが髪の毛で、絡めとられると掃除機を使っても上手く吸い取れず、手で掴むしか方法がなくなってしまいます。その点、毛足の短いカーペットならフローリングと同じ感覚で掃除機をかけられるので、段違いにお手入れが楽になります。

④物の層が出来ている

物の層ができると、掃除が一気にしづらくなる

たとえば積み上げたCDやDVD、本。それに、奥から手前に向かって並べられた飲み物の瓶など。上の図のような置き方をしているものがありませんか?

こうした「物の層」も、お掃除の大敵。というのも、物が層になっている部分を掃除しようと思うと、一時的に物を別の場所に移動したり、持ち上げたりする必要がありますよね。小さな手間ですが、こんな場所が多い部屋は、掃除が非常に面倒です。

もしもあなたが掃除好きでないのなら、物をなるべく減らして、配置の仕方も見直すようにしましょう。

⑤物の置き場所が決まっていない

散らかるのは、物に定位置がないから

いつまでも片付かない部屋の特徴とも言えるのが、置き場所が定まっていない物が散乱しているということ。

こうした「ホームレス」な物たちは、その時の都合に合わせて、邪魔にならない場所にあちこち移動させられて、④のような物の層を作りがち。どんな小さな物でも、それを置く為の定位置を用意しましょう。そうすることで、掃除の度に「これはどこに配置しよう・・・」なんて悩む必要がなくなり、掃除のスピードが劇的に上がります。

さらに言うと、物を使った後、必ず定位置に戻す習慣をつけることができれば、掃除なんて殆ど必要なくなってしまいます。ホームレス状態の物がないか、部屋中をチェックしてみましょう。

ちなみに

にこも、元々掃除べたで、部屋を散らかしては一気に掃除、そしてまた一気に散らかす・・・ということを繰り返していました。色んな失敗を繰り返して、自分なりの掃除方法を身につけた今思うことは、とにかく、掃除が下手な人ほど、掃除がしにくいような物の配置をしがちだということ。そして、掃除をしやすい部屋であれば、掃除は全然苦痛でないどころか、とても楽しいものだということです。

また、掃除を習慣化するにはお掃除ソングの活用がオススメ。→「掃除が自然に習慣化する!「お掃除ソング」の魔法

掃除しやすい部屋を作って、さらに毎日のお掃除を習慣化すれば、いつでも人を呼べる綺麗な部屋の出来上がり!

あなたも是非、明日からお掃除上手になりましょう!

まとめ

掃除が苦手な人は、まず掃除しやすい部屋を作ろう。ポイントとしては、脚の長い家具を選び、コードを床から離し、毛足の短いカーペットを使うことで、掃除機をかけやすくすること。また、物の置き場所を決めて、置き方にも注意すること。

公開日:
最終更新日:2015/04/08