じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

スタイルがよく見える洋服選びのコツ

体系をカバーするなら、モノトーンよりカラフル

「私の足、もう少し長ければなあ・・・」

「お尻が大きくて、目立つのが恥ずかしい」

「もっと小顔に生まれたかった・・・」

どんな人でも、自分のスタイルに不満な点はあるものですよね。こうした悩みを根本的に改善するのには長い長い時間が必要ですが、スタイルをよく「見せる」だけなら、洋服を上手に選ぶだけで、驚くほど改善できるんです。

どんなスタイルの悩みにも効く、3つのスタイルアップテクニックをご紹介します。

①太さが気になる部分こそ、表に出してしまう

コンプレックスは、隠すより見せる!

自分にとってコンプレックスになっている体の部分は、どうしても、覆い隠そうとしてしまうもの。足の形が気になるからと太めのパンツを選んだり、二の腕が気になるからと、大きなシルエットのカーディガンを羽織ったり・・。

でも、多くの場合、こうした直接的な隠し方では、気になっている部分のラインがますます目立ってしまいますし、何より、全体の雰囲気が野暮ったくなってしまいがち。逆の発想で、太さが気になっている部分こそ、表に出してしまいましょう。

二の腕が気になるなら、ノースリーブを着る。足の太さが気になるなら、ピッタリしたパンツを履いてラインを出すか、ショートパンツやスカートに変える。お尻が大きいのが悩みなら、ピッタリしたシルエットのペンシルスカートを選びましょう。

するとすっきり垢抜けた印象になり、体のライン全体が引き締まって見えます。

②明るい色を身に付ける

体系をカバーするなら、モノトーンよりカラフル

自分のスタイルが気になっていると、ついつい、「シュッとして見えそう」というイメージで、黒やグレーなどのモノトーンを選んでしまいがちです。

ところが、黒やグレーなどの、自然に存在しない色は、あなたの体のラインを隠すどころか、くっきりとふちどって強調してしまうんです。

体のラインから視線をそらすなら、カラフルな明るい色、大好きな色の服を選びましょう。明るく華やかな服は、スタイルの欠点から人の目を逸らして、あなたの個性を輝かせてくれます。

黒やグレーを使うなら、スタイルに自信のある箇所に使うことにしましょう。

③首、手首、足首を見せる

「首」を出してすっきりと!

スタイルのよさの鍵となるのは、「メリハリ」です。

細いところはきっちり細く、太いところはきっちり太い、そんな体のラインを作ると、自然と「良いスタイル」が生まれます。この「メリハリ」を簡単に作る方法がこれ。

首、手首、足首は、キュッと細くしまっているべき部分ですが、実際にはあまり細くなかたっとしても、洋服で隠さずに露出することで、細さが強調され、メリハリのきいた、あかぬけたボディラインを作ってくれるんです。

もう少しスタイルアップしたいという時は、長袖をたくし上げて、パンツをロールアップ。トップスは、首元の空いたものを選ぶようにしましょう。

まとめ

洋服でつくるスタイルアップの鍵は、「太いところは表に出すこと」「明るい色を身につけること」「首、手首、足首を見せること」。これで、どんな人でも手軽に、スタイル良くあか抜けて見える!

公開日:
最終更新日:2015/03/31