じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

きれいな人と言われるための3つの習慣

きれいと言われるには/きれいな人の特徴/キレイになりたい

綺麗な人、って、不思議な言葉です。

「美人」とも「かわいい」とも違う言葉。品があって、さわやかで、大人っぽくて・・・。嫌味がないけど、しっかりとした存在感があって・・・。「綺麗な人」という言葉には、いろんな意味合いがこもっている気がします。

ただ単に見た目を綺麗にするだけでは、「綺麗な人」にはなれません。見た目がさほど美人でなくても、綺麗な人はたくさんいるのです。

ちやほやされるようなような華やかさはなくても、影でそっと

「綺麗な人ね」

と噂されるような、そんな人・・・女性なら誰しも憧れるのではないでしょうか。そんな「綺麗な人」と呼ばれるための、3つのポイントを見て行きましょう。

「盛る」よりも、アラを見せないオシャレ

ナチュラルがキレイの近道

オシャレで、美容に気を使っている女性ほど、自分を美しく演出する方法をたくさん持っています。綺麗を目指そうとすると、つい、自分のテクニックを総動員して「盛って」しまいがちですが、あなたが「美人」「可愛い」でなくて、「綺麗な人」を目指すのならば、一旦テクニックは封印しましょう。なぜならば、「盛る」テクニックは、どうしてもナチュラルな空気を消してしまいがちで、「オシャレをがんばっている」ということが、なんとなく周囲に伝わってしまうものです。

「綺麗な人」に求められるのは、何よりも自然さ。無理せず自分自信を受け入れている雰囲気です。かといって、すっぴんとジャージで出かけろというのではなく笑、努力の方向として、「盛る」よりも、「化粧は薄く、服装も控えめの、自然体な女性」に見えるよう、演出するということです。欠点をしっかり隠しながらも薄化粧に見えるメイク、凝ったデザインじゃないけど、スタイルが良く見える服装(こちら:スタイルが良く見える洋服選びのコツも参考に!)。

これが、「綺麗な人」と呼ばれるオシャレの秘訣です。

白を上手に使うこと

白の効果で主役になる

あなたは、色白ですか?白い服を何着持っていますか?

白は魔法の色。何よりも明るい色だから、人の目を自然に吸い寄せる特性があるんです。にこはこれを、白のスポットライト効果と呼んでいます。

白くてなめらかな肌の人は、ただそれだけでスポットライトが当たったように、周囲から浮き上がって見えますから、あなたが色白で美肌なら、綺麗な人と呼ばれる条件を、生まれながらに一つ満たしているようなもの。これはラッキーです!

とはいえ、色白美肌ではないあなたも、白のスポットライト効果を諦める必要はありません。

シンプルな白のシャツや、パールのネックレスなどで、自分の外見に白を散りばめましょう。周囲の人の目線を自然に吸い寄せ、あなたに上品な存在感を与えてくれます。

ポイントとしては、なるべく柄や模様のない、まっさらな白を身につけること。(レース地や、シワ加工の入った白は、スポットライト効果を弱めます。)

また、白の面積を増やしすぎず、暗い色と組み合わせて使うことです。(白ばかりで身を固めると、メリハリがなくなって、かえって存在感がぼやけるだけでなく、太って見えてしまうことも多いです。)

時々は、1人で行動する

キレイな人には孤独が似合う

「綺麗な人」と呼ばれる人は、凛とした雰囲気をたたえているもの。

外見の上品さや美しさに加えて、内面的な強さやしなやかさを感じる人にこそ、人は「綺麗」というイメージを持つものです。

では、凛とした雰囲気はどう身につければいいのでしょう?これは一朝一夕で身につくものではありませんから、すぐに実践できるテクニックをご相談します。

それは、「一人で行動する」ということ。ご飯もショッピングも、友達と行くのは楽しいものですが、常に誰かと行動している人は、(事実かどうかはともかく)周囲に、「依存心の高い人」というイメージを与えてしまいます。

何より、女性は基本的に数人で行動することが多いですから、1人で行動する女性は、それだけで、実際以上に「自立した人」「孤独な人」と見られるもの。「孤独な人」なんて悲しいと感じるかもしれませんが、「孤独で品がある女性」は、それだけで、周囲には「綺麗な人」として映ったりするものです。

もちろん、常に1人でいる必要はないんです。時々でも1人で行動することで、周囲からの評価が変わっていきますよ。

ちなみに

にこの経験上、綺麗な人も、ちゃんと仲良くなってみると、意外に人間くさかったり、意外に男らしかったりなど、楽しいギャップがあったりしますが、綺麗な人だと、周囲はそれで幻滅するどころかますます好きになっちゃいますよね。

にこも、誰かに「あの人綺麗だよね」なんて噂されてないか、いつも聞き耳立てちゃいます!まあ、ただの自意識過剰ですけどね!

まとめ

周囲に「綺麗な人」というイメージを持ってもらうには、自然体(に見えるよう)なオシャレを心がけること、白を上手に取り入れて、自分にスポットを当てること、そして、ときには孤独な姿を見せること。

公開日:
最終更新日:2015/03/31