じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

脱・三日坊主!いい習慣を続ける方法

どうせサボるなら思い切りよく

良い習慣がなかなか続かない人へ。やる気が出ない。モチベーションが上がらない。そんな時の対処法。

資格の勉強や、趣味の練習。一日一度のエクササイズ。マメなおそうじ、料理などなど、「今度こそは習慣化するぞ!」とやる気満々で始めた習慣が、いつしか億劫になって、気づけば記憶の片隅に…なんて体験が、あなたにもあるはず。

どんなに固い誓いをしても、やる気が永遠に続くことはありません。どんな人でも、どんな習慣でも、「今日は気がのらない・・・」という日は訪れます。(これが3日で訪れる人を、三日坊主とよぶわけですね!)

それでも、「なんだかめんどくさいな・・・」と、初めて感じたその瞬間にどう対処するかが、

良い習慣の続く人・続かない人の分かれ道。投げ出して忘れてしまう、これまでの自分にサヨナラするために、「やる気が出ない・モチベーションが上がらないときの対処法」を見て行きましょう。

とにかくちょっとだけでもやる

少しずつでも実行する

なんだかやる気が出ないなー・・・と感じた時に、習慣が続かない人は、続けたい活動を「やるか、やらないか」の二択で考える傾向にあります。

例えば、「毎日5キロ走ろう!」という目標を立てているとします。

最初のうちは毎日5キロ、真面目に走りますが、ある時、やる気が出ない日が訪れると、

「今日は5キロも走れないなー・・・・」

→「じゃあ、もう今日はゴロゴロしとこう」

という発想になってしまう人が多いんです。

本来、「毎日5キロ走ろう!」という目標を立てたのには、ダイエットしたいとか、健康の為とか、体力作りとか、そういったそもそもの理由があるはず。その理由の事を考えれば、重要なのは、5キロ走ることではなく、「走る習慣」をつけることですよね。

だから、

「今日は5キロも走れないなー・・・」

→「じゃあ、今日は2キロだけ走ろう」

といった風に、今日、めんどくさいと感じるなら、あくまで出来る範囲のことをやるんです。毎日、ちょっとだけでも実行する。2キロが無理なら、1キロでも、100メートルでもいいんです。100メートルも無理なら、「今日は趣向を変えて、ストレッチにしてみよう」とか、代わりに何かをやるのでもいいんです。とにかく、継続させることが重要。

「やるか、やらないか」ではなくて、「やるか、ちょっとだけやるか」という2択にすることで、
継続できる可能性をぐんと上げることができます。

計画の見直しをしてみる

 そもそもの目的に目を向けて

あなたが、続けたい、続けなきゃと思っているのはどんな習慣・活動ですか?

その習慣・活動を続けたい/続けなければいけないと思うのは、どうしてですか?

やる気が出ない時というのは、目先の「やらなきゃ・・・」「習慣付けなきゃ・・・」という、義務感に囚われてしまいがち。でも本来それをやるのには、上でも言ったとおり、そもそもの理由があるはず。

「英会話をマスターしたい」→そもそもの理由は、海外旅行を楽しみたいから。

「資格を取りたい」→そもそもの理由は、転職してお給料を増やしたいから。

「ダイエットしたい」→そもそもの理由は、夏までにビキニを着れる体にしたいから。

大事なのは、そもそもの理由の方であって、今日、やるかやらないかではないんです。

やる気が出ない日は、「そもそもの理由」の方に立ち返って、自分の理想は何なのか?それを実現する為にこれからやるべきことは何なのか?を、じっくり考える時間を作りましょう。

「そもそもの理由」を強く意識することで、目先のことに囚われず、目標に向かう姿勢が養われますし、何よりも、習慣・活動を始めた頃の新鮮な気持ちに戻ることができるので、大きくモチベーションを回復させることが出来るんです。

全部忘れて、全力でサボることにする

どうせサボるなら思い切りよく

ここまで言ってきたことと矛盾するようですが、それでもやる気がでない、とにかく無理、動きたくない!今日はごろごろしたい!というあなたは、もうこの際、思いっきりさぼりましょう。

ただし、「ほんとは、こんなんじゃダメ・・・」「こんなことしてる場合じゃない・・・・」なんて、いろいろと考えたり、自分にダメだしをするのはNG。人は、自分にダメだしすることで、ついつい、自分に言い訳を始めがち。(だって今日は仕方ないんだよ。最初っから無理だったんだよ。etc….)そうすると、ますますやる気が低下して、その習慣の事から目を背けたくなってしまうんです。

ですから、本当にやる気が出ない日は、リフレッシュの日!という風に決めてしまって、

習慣のことを思い出すのを自分に禁止しましょう。

それでも、次の日もやる気が出ないなら、その日もリフレッシュの日です。

自分を責めたり、言い訳する必要はありません。またやる気が出るまで、何度でもリフレッシュするんです。

誰だって、だらけるときはだらけるんですから、余計なことは考えず思い切りだらけた方が、よほど健康的です。

ちなみに

にこも三日坊主な傾向があるんですが、思うに、三日坊主な人というのは、完璧主義なんですよね。完璧主義な人ほど、中途半端なことができなくて、挫折してしまうことが多いというのは、勿体ないですよねー。にこの場合は、「三日だって、やらないよりはいい」と開き直って、やりたいときにやる、やらないときはやらない、という風に頭を切り替えるようにすることで、三日坊主の傾向が随分軽減しました。

まとめ

良い習慣を身につけるには、とにかく継続すること、なんのためにその習慣を身につけるのか?を意識すること、さぼるときはとことんさぼること、が大切。

公開日:
最終更新日:2015/03/31