じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

口べたを直したい/会話の上達法

相づち上手になろう

会話はコミュニケーションの基本。どんな人と接するにも、会話が始まらないことには関係が始まりません。

「人との会話」は、当たり前のようにこなす人が多い一方で、苦手意識を持っている人も多いもの。

話す事全般が苦手!という人、

スピーチとか、自分が一方的に話すのは得意だけど、

相手のいる会話が苦手!という人、

よく知らない人とは、何を話していいか分からないという人

そんな「会話べた」のあなたに送る、会話のキャッチボール上達方法です。

話し上手は聞き上手

聞き上手になろう

会話に苦手意識がある人ほど、「面白いことを話さなくてはいけない」「自分の話で、周囲を楽しませなくてはいけない」という思い込みが強いもの。

サービス精神が強く、話し相手を喜ばせたいと思う一心で、そのようにプレッシャーを感じてしまっているのですが、実はこのプレッシャーこそが、「口べた」のもと

会話はまさに「キャッチボール」のようなものですから、相手が投げてきた球をキャッチして、投げ返すだけでいいのです。

「キャッチボール」の目的は、ラリーを続けることそのものなので、別に豪速球や変化球を投げる必要はないのです。

ポイントは「話す」ことよりも、「聞く」技術を磨くこと。聞く技術とはつまり、相手が気持ちよく話せるよう、誘導できる技術のことです。

人は、楽しいことを沢山話してくれる相手よりも、自分の話を熱心に聞いてくれる相手と話したがるものです。(あなたもそうじゃありませんか?)

話上手になりたいあなたこそ、聞き上手になることを目指しましょう!

聞き上手は質問上手

質問上手になろう

さて、聞き上手になると決めたとして、問題は方法です。聞く技術を磨いて、聞き上手になるためには、何をすればいいのでしょう?

聞き上手=相手が気持ち良く話せるようにすることですから、やっぱり重要なのは、相手の話を引き出すこと。つまり、「質問する」力ですね。

とは言っても、決して気の利いた質問をする必要はないんです。重要なのは、質問の内容ではなく、質問する事そのもの。

ただどんどん質問をするだけで、相手は「この人は自分に興味があるんだな。」「自分の話を聞いてくれそう」と感じて、あなたと話すのが楽しくなっていきます。相手がノリノリで話しはじめたら、しめたもの。あとは何もしなくても、会話が流れに乗って続いていきます。

聞き上手は相づち上手

相づち上手になろう聞き上手に必要な要素は質問の他にもう一つあります。それが「相づち」。「相づち」を上手に打つと、相手に共感を示し、距離をぐっと縮めることができます。

相手がノリノリで話しているときは、相づちも簡単で、「へえー」「なるほど」「すごいですね!」なんていう風にうなずいていればいいのですが、

むずかしいのは、素直にうんうんと言うわけにはいかないような話題のとき。相手が、あなたが全く賛同できないような意見を持っている場合もそうですが、特に気をつけたいのが、人の悪口や、極端に後ろ向きな意見です。たとえばこんな感じ。

「あの人って本当に腹が立つ!」(誰かの悪口)

「自分はダメな人間です」(自己嫌悪、自己卑下の言葉。)

「どうせいい事なんかあるわけないよ」(ネガティヴな言葉)

会話が苦手と感じている人の多くは、こういう時、不本意なまま相手に賛同して疲れてしまったり、逆に、強く否定しまって、険悪な空気を作ってしまったり。。。ということが多いようです。こういう時は、刺激しないのが一番。肯定も否定もしない、というスタンスで、流すための相づちをうちましょう。

一番無難な相づちは、

「その気持ちはわかります」

「そういう風に思うのも無理ありませんよね」

など。こういう言い方なら、相手の言っている内容は肯定していなくても、相手の気持ちに共感しているので、相手の顔を潰さず、自分も不本意なことを言わずに済みますよね。

まとめ

話し上手になるコツは、話し相手に、気持ちよく話してもらう=聞き上手になること。沢山質問をし、話に適した相づちを打つことが、聞き上手の秘訣。

 

公開日:
最終更新日:2015/03/31