じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

人見知りの直し方

人付き合いが苦手

人見知りで悩むあなたに。人見知りを改善する方法。

気心の知れた人となら楽しく話せるのに、

初めて会う人の前では、どうしても緊張してしまう。

そんな「人見知り」の悩みを抱えている人は多いもの。

人見知りをする気質のせいで、

新しい環境に、なかなかとけ込めない・・・・。

友達や恋人を作りたいのに、せっかくの新しい出会いを活かせない・・・。

人と接する仕事(接客や営業)が苦手・・・。

など、人見知りの悩みは、常の様々な場面に影響を及ぼします

直せるものなら、直したい人見知り。

改善するための具体的な方法を提案します。

 人見知りの原因

そもそも、人はなぜ人見知りをするのでしょう

よく知っている人の前では普通に話せるのに、

知らない人の前では、上手く自分を出すことができない。

そこに隠れているのは、「嫌われるのが怖い」という心ではないでしょうか。

「いろいろ喋りすぎて、嫌われたらどうしよう」「黙っていて、つまらないやつだと思われたらどうしよう」

「この人が私にどんどん話しかけてくれるのは、私が友達がいなさそうな、可哀想な感じだから?」

「この人は今、なぜこの話題を私に振ってきたんだろう?」

こんな風に、嫌われたくないからこそ、初対面の人の心理を読みとろうとして、いろいろ考えすぎてしまう

初対面だから、どんな人なのか、何を考えているのか?なんてわからないのが当然なのに、そこに不安を感じて、萎縮してしまう

逆に、良く知っている相手であれば、何を考えているかをそれなりに把握できるので、あまり悩まずに自然に振る舞える・・・。

こうして見ると、どうやら人見知りの心理は、「嫌われることへの恐怖」に原因があるようです。

人見知りを直す方法

人と接するのが苦にならない

となると、人見知りを直す方法は、「嫌われることを怖がらない」ということになりそうですが、

そんな風に気持ちを切り替えるのは難しいですし、

ある程度、どんな人からも好かれたい、嫌われたくない、と思うことは、人付き合いの上で大切な要素の一つでもありますから、

必ずしも悪いことではないのです。

嫌われるのが怖いという気持ちがあったとしても、人見知りせずに初対面の人と接するには、こんな方法をとってみると良いかもしれません。

自信をつける

「嫌われるのが怖い」気持ちになってしまうのは、「自分に自信がない」ということも原因の一つです。

たとえば、自分にすごく自信があって、「こんなにステキな私のことを、だれも嫌いになるわけがない」と思えれば、どんな人に会っても、緊張する必要はないはず。もちろん、そんな考えを持つのは簡単ではありませんが、自分に自信のない部分を少しでも改善することで、初対面の人相手でも、余裕を持って接することが出来るようになります。

見た目に自信がないのなら、オシャレの仕方を学んでみる。女性なら、メイクをはじめてみる

話すのが苦手なら、話題の幅を広げてみる。話術を勉強してみる。

何をやっても自信が持てない・・・というあなたは、自信をつける方法のページも見てみてくださいね。

「人見知りでも問題ない」ことを悟る

どうしても、自分がどう見られているか、相手はどう感じているか・・・ということに敏感になってしまうあなた。

「自分は、人見知りをするタイプ」という事実のせいで、ますます自分に自信を失っていませんか?

「人見知りを直さなきゃ」と思うあまり、初対面の人相手になおさら緊張してしまう・・・そういう人も少なくないようです。

まずは、「人見知りでも問題ない」そう考えてみませんか?

初対面で良い印象を与えられなかったとしても、何度もその人とふれあって、付き合いをやめさえしなければ、そのうち必ずあなたの良いところ、悪いところ、相手に伝わるものです。だから、人見知りは、大きな問題ではありません

この事を胸に留めておけば、「私は人見知りだから・・・」身構える気持ちを、大分軽減することができるはずです。

人見知りを告白する

上の2つのような発想の転換がどうしても難しいという人も多いはず。それに、気持ちの面を改善するのにはどうしても時間がかかります。

だから、今すぐにできる人見知り対策をお伝えします。それは、初めて会う人に対して、

「人見知りなんです」と自分から告白すること。

そんなの恥ずかしいと思うかもしれませんが、これは意外に効果がある方法です。

初めに宣言してしまうことで、多少会話で失敗したとしても、相手からは人見知りのせいだと思ってもらうことができますし、

自分の弱い部分を見せることで相手もリラックスして、話しやすい雰囲気が漂います。

初対面のときは、誰でも緊張しているもの。場の雰囲気を和ませるためにも、あえて、先に申告してしまいましょう

 ちなみに

にこは、小さい頃から「話しかけにくい雰囲気あるよね」なんて言われることが多く、人見知りしていたら全く友達が出来ない・・・ということをかなり早い段階で経験してしまって、10歳くらいのころには、大分人見知りを克服しました。

やっぱり「直さなきゃ!」と思って真剣に取り組むと、結果はついてくるものだと思います。

 まとめ

人見知りを克服するには、自分に自身をつけること、そして、人見知りだということに引け目を感じないこと。

意識して取り組めば、必ず克服できる。

公開日:
最終更新日:2015/03/31