じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

3倍美人に見える!
美姿勢の作り方

shisei3

ソファに座ってくつろいでいると、どんどん体がずり落ちていく・・・。

デスクでパソコンに向かっていると、気づけば背中を曲げて、画面に顔を近づけている・・・。

思い当たる節、ありませんか?そんな時、自分でも思っている以上に、姿勢は崩れているもの。なんとなく、「直さなきゃな〜」と思ってはいても、なかなか簡単には改善できないのが「姿勢のよさ」。

姿勢がよくなれば、リンパの流れもスムーズになり、顔立ちも体つきも、余分なたるみが消えてスッキリ。さらに、首がすっと長く見えたり、バストアップ効果、小顔効果など、その美人効果は絶大です!

でも、直したいと思っているだけでは、なかなか美しい姿勢は手に入らないのも事実。

今すぐ、きれいな姿勢を身につける為の3つのポイントをまとめました。

「ちょこんと座り」を死守する!

shisei1

椅子に座る姿には、姿勢のよさ・悪さがダイレクトに出てしまいます!まずは、座る姿勢から美しく。

改善の仕方は、とっても簡単。とにかく、浅めに腰掛けること

深く腰掛けたり、背もたれにもたれると、お腹に力が入らず、背中が曲がってしまいます。

不思議ですが、浅く腰掛けるだけで、自然とお腹に力がはいり、背筋がすっとのびるのです。

この姿勢を、座っている間、何が何でもキープします。背もたれはもう二度と使わないくらいの心意気で行きましょう。

 とにかく、あごを引く

shisei2

続いて、立ち姿。姿勢のいい立ち姿は、背が高く、顔が小さく見えるものです。

一般的には、天井から糸で吊られているイメージで・・・なんて言いますが、そんなこと、ずっと意識し続けるのは難しくありませんか?

にこは、とにかく「あごを引く!」ことを提案します。

あごを引いたまま、背中を曲げておく事は不可能(試しに、やってみて下さい)。

スッとあごを引くと、自然と胸を張り、背中をのばす事が出来るんです。

歩いている最中に、「あごを引く!」

階段をのぼりながら、「あごを引く!」

会話の途中でも、「あごを引く!」

これだけで、立ち姿がずいぶんきれいに見えますよ。

腹筋を鍛える

shisei4

上の二つ(ちょこんと座り、あごを引く)をやってみて、「なんか腰がだるくなる」「背中が痛くなる」「お腹周りが疲れる」ということはありませんか?

そんなあなたは多分、腹筋が足りていません!腹筋は、体をまっすぐに支える役目がありますから、ここが弱っていると、姿勢をピンと保てず、むりに保とうとすると、腰や背中などの骨に負担がかかってしまうのです。

だからといって、諦めてはダメ!そんなあなたこそ、真剣に姿勢の改善に取り組むべきです。このまま放っておくと、

ゆがんだ姿勢が身に付く→腹筋が使われず、弱っていく→キレイな姿勢をとろうとしても、長持ちしなくなる→ゆがんだ姿勢が身に付く→さらにお腹の筋肉が弱る・・・

という負のスパイラルに陥っていきます・・・。そんなことになったら、姿勢だけでなく、体のライン全体がどんどん崩れてしまいます!

でも、悲観する必要はありません。腹筋が弱いのなら、少しだけ鍛えればいいのです。

↓この運動が簡単です↓

shisei3

①椅子等に足をのせて、ちょうど90度くらい膝を曲げて、

②可能なところまで上半身を起こす。

この動きをなるべくゆっくり、一日10回。これだけです。

このやり方で、ちょっとだけ腹筋がつけば、

キレイな姿勢をキープ出来るようになる→キレイな姿勢をとると、腹筋を使う→さらに腹筋が鍛えられる。

という、良いスパイラルを生み出していけますから、いつまでも運動を続ける必要はありません。とにかく姿勢をキープ出来るレベルまで、ちょっぴりがんばってみましょう。

他にも、ランニングやジョギングを行って全身の筋肉をつけることも、美しい姿勢を作る上では、有効な手段です。

ちなみに

にこもパソコンに向かう事が多い生活なので、ずーっと猫背が悩みだったのですが、この3つの項目で、かなり姿勢が改善しました!本当に効果ありますよ!姿勢のよさって、ふいに写真を撮られたときなんかに、けっこう違ってくるんですよねえ。姿勢がいいだけで、スタイルがよく、洗練されて見えますもんね。

にこも油断するとまた腰曲げちゃったりで、まだまだなんですが。

皆さんも、この3つの姿勢改善法をためして見て下さい♪美人度大幅アップを目指しましょー!

まとめ

キレイな姿勢をつくるには、椅子にちょこんと座ること、あごを引くこと。そして、少しだけ腹筋を鍛えること。

公開日:
最終更新日:2015/06/10