じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

置き換え食品、
一番効果的なタイミングは?

夜おきかえる

置き換え食品は、朝・昼・夕、どこを置き換える?

置き換えダイエットは、その名の通り、朝・昼・夕、どこかの食事を置き換えるダイエットな訳ですが、

どこを置き換えるかで、得られるダイエット効果も変わってきますし、長く継続できるかどうか?という部分にも大きく影響しますから、自分に合ったタイミングを見極めることが、置き換えダイエット成功への近道です。

朝・昼・夕、どこを置き換えるか?それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

朝置き換えの場合

朝おきかえる

メリット/朝置き換えのメリットは、物足りなさを感じにくいというところ。

というのも、多くの人が、普段から朝ご飯はご飯にお味噌汁とか、パンにジャムとか、軽い食事で済ませているので、それを置き換え食品に変えたとしても、普段とのギャップが大きくない分、物足りなさを感じにくいわけです(ふだん、朝からたっぷり食べている人は別ですが)。

また、朝ご飯を置き換え食品で済ませると、朝食の準備時間が短縮できるので、忙しい朝の時間の節約にもなりますね。

デメリット/朝置き換えのメリットは、そのままデメリットにも繋がります。普段の食事と比べてギャップが少ないということは、カットできるカロリーも少ないんですよね。だから、朝食の置き換えは、どうしてもダイエット効果が現れるのが遅くなってしまいます。

こうして見てみると、朝ご飯を置き換えるスタイルは、

「食べることが好きで、なるべく我慢をしたくない人」

に向いていると言えるでしょう。

昼置き換えの場合

昼おきかえる

メリット/昼置き換えのメリットは、カットできるカロリーが大きいこと。特に、普段ランチを毎回外食で済ませている人などは、ランチの置き換えをすることで大幅なカロリーカットになり、ダイエット効果が早く表れます

また、どんな食べ物で置き換えをするか?にもよりますが、置き換えダイエット用の商品を買ったとしても、ほとんどの商品は普段のランチ代よりは安く済みますから、普段ランチを外食で済ませる人には、ランチ代が浮くのもメリットですよね。

デメリット/デメリットとしては、やっぱり、普段のランチとのギャップが大きい分、物足りなさを感じやすいこと。お昼ご飯のあと、夕飯の時間まで耐えなければならないので、物足りなさを我慢するのも難しくて、間食が増えてしまう可能性も。

それに、ランチといえば、人からのお誘いも多いですから、「つきあいだから・・・」と、置き換えをしない日が増えてしまいがち。これも挫折の原因になってしまいます。

こうして見てみると、お昼ご飯を置き換えるスタイルは、

「普段は外食が多い人で、ダイエットのためなら、辛抱強く我慢が出来る人」

に向いていると言えるでしょう。

夜置き換えの場合

夜おきかえる

メリット/夜置き換えのメリットは、これも、カットできるカロリーが大きいこと。それに夜ならば、お腹がすいたり、物足りなさを感じる前に寝てしまえば、そんなに強い我慢が必要ないのも良いですね。

デメリット/夜置き換えの最大のデメリットは、家族がいる場合、夜、周りで家族が普通の食事をしているのを見るのが、結構ツライということ。それに、家に食べ物が沢山置いてあるので、夜食を我慢するのが難しかったりと、家族がいる家には、食欲を刺激する原因が沢山あります。

こうして見ると、夜の置き換えダイエットは、

「早くダイエットの結果を出したい、一人暮らしの人」

に向いていると言えるかもしれません。

自分に合ったタイミングを見つけるだけで、置き換えダイエットの成功率は飛躍的にアップします。ライフスタイルに合わせて、慎重に選びたいですね。

まとめ

置き換えダイエットは、タイミングが大切。朝昼晩と、それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合ったタイミングを見極めよう。

公開日:
最終更新日:2015/03/31