じごくのにこ

新サイトに移行してます>http://selflove.pink/love/

アイシャドウ(初めてのメイク、揃える道具)

初めてお化粧に挑戦する、メイク初心者のあなたに。

始めに揃えるべき化粧品、その⑥です。

①メイク落とし②基礎化粧品③マスカラ④ビューラー⑤化粧下地⑥フェイスパウダーと紹介してきました。

ここまでで、ナチュラルなアイメイクとベースメイクができるアイテムが揃う訳ですが、最後に、もう1つ、メイクビギナーのあなたにオススメするとしたら・・・

「アイシャドウ」です。

メイクが楽しくなる!まぶたメイク

アイシャドウで変わる表情

目は口ほどに物を言う、なんて言葉もあるほど、目元が人に与える印象は大きいもの。だから、かわいくなったり、きれいになったり・・・イメージを変えていくには、やっぱり目元が肝心です。実際、目元を手っ取り早く華やかにするには、マスカラやビューラーが必須。

でも、せっかくメイクをするなら、もっと微妙なディティールが欲しいところ。例えば、ただのかわいいじゃなくて、さわやかな感じ、甘い感じとか。小悪魔風、とかね。かわいいより、キレイな感じ、とか、クールな感じ、とか・・・・そんな風に、自分の雰囲気を作っていけたら、楽しいですよね♪

そんな雰囲気作りを楽しむのに必要になのが、まぶたメイクなんです。

アイシャドウ?アイライナー?

アイシャドウかアイライナー

まぶたメイクと言えば、アイシャドウとアイライナーが挙げられます。

どちらも、印象的な目元を作るのに貢献してくれるアイテムですが、一番最初に買うなら、アイシャドウをオススメします。なぜなら、アイライナーは、自分に合った一本を探すのが難しいし、アイラインを引くのも、最初はとっても難しく感じてしまうもの。それに、ちょっとしたラインなら、アイシャドウでも十分再現出来るから。

まずはアイシャドウで色々遊んでみて、ここにもっとくっきりした線があれば・・・と感じたら、どんな線がほしいかに応じて、アイライナーを選んでみる。

こういう流れならきっと、どんどんメイクが上達するのではないでしょうか。

メイク初心者におすすめ、超簡単なアイシャドウの使い方

とは言っても、初めてメイクに挑戦するとき、アイシャドウの使い方って結構悩むものです。塗りすぎて、厚化粧みたいになったらどうしよう?グラデーションなんて、上手くつくれない!雑誌を見て参考にしても、目のキワってどこ?二重の幅って言われても、私、一重なんですけど!etc…..

だから、一番簡単なアイシャドウの使い方をお教えします。

下のイラストをご覧ください。

簡単アイシャドウ

①持っている色の中で、一番明るい色をまぶたの下にON!

②持っている色の中で、一番暗い色をまぶたの上にON!

 ③上まぶたを指で何度かなでたら、おしまい!

これなら絶対失敗しないし、ちゃんと目元を印象的にしてくれます。このやり方なら、誰にでもできそうですよね?是非、チャレンジしてみましょう!アイシャドウを使い慣れると、メイクがどんどん楽しくなるはず。

どんなシャドウを選んだらいいの?

アイシャドウの選び方

星の数程あるアイシャドウ。初めて買うアイシャドウなら、こんな条件で探す事をオススメします。

①ブラウン系であること。

初めてのアイシャドウは、断然ブラウンをオススメします!かわいくするにも、きれいにするにも、どんなメイクにも使える、万能選手です。ブラウン系であれば、どんな色でも大丈夫。あとは好みで選びます。

 ②2色以上入っていること。

初めて買うアイシャドウには、2色以上の色がひとつになった、パレットタイプを選びましょう。一緒に使うと相性のいい色が集めてあるので、色選びに困りません。中には、塗り方の説明が書いてあるものもあるので、参考にしても楽しいです。自分に合う色が分かってきたら、単色のシャドウで、自分の欲しい色だけを集めるのも素敵ですね。

 ③しっかり発色すること。

よさそうなアイシャドウを見つけたら、テスターを使って手の甲に色をのせてみましょう。あれ、見た目より色がうすい・・・。なんてこと、結構あるんです!色がなかなかつかないアイシャドウは、特にメイクを初めて間もないときには、混乱のもと。しっかり色がつくアイシャドウなら、イメージ通りの仕上がりが簡単に作れます。

アイシャドウのお値段に関しては、

100円〜1000円/1000円〜3000円/3000円〜10000円という三段階くらいで、結構品質が変わってくるように感じます。一番安いクラスのものだと、発色のよくないものが多いような・・・

初めて使うアイシャドウは、なるべく1000円以上のお値段のものを買った方が、アタリをひきやすいかなと思います。ご参考までに。

ちなみに〜

にこは、その日の服装に合わせてアイシャドウを選ぶようにしてます。同じアイシャドウのパレットでも、使い方で結構印象がかわるので、あんまり沢山の種類は持ってません。スタメンはブラウン系・ピンク系・ブルー系・ブラック系の4つ。付属のチップは毎回どっかにやっちゃうんですけど、これってにこがテキトーだからですかね、やっぱり。

まとめ

アイシャドウを使うと、メイクの楽しみが広がる!しっかり発色するブラウン系を買えば、いつでもどこでも使えます。

公開日:
最終更新日:2015/03/31