じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

フェイスパウダー
(初めてのメイク、そろえる道具)

初めてお化粧に挑戦する、メイク初心者のあなたに。

始めに揃えるべき化粧品、その⑥です。

①メイク落とし②基礎化粧品③マスカラ④ビューラー⑤化粧下地と紹介してきました。アイメイクと、ベースメイクの基本を抑えたら、6番目にオススメしたいのが、

「フェイスパウダー(お粉)」です。

意外と?知られていないフェイスパウダーの力

フェイスパウダーとは

フェイスパウダー(お粉)は、ベースメイクの最後に、仕上げでつけるお粉のこと。カバー力があるでもなく、少し効果が分かりにくいので、

フェイスパウダーなんて、つける意味あるの?と思われるかもしれません。実際、メイクをしっかりされてる方でも、フェイスパウダーは使わないという人も多いんですが、侮ってはいけません。

フェイスパウダーは、すっぴん肌からしっかりメイクしたファンデ肌まで、どんな肌でも、キレイのレベルを1ランク上に持ち上げてくれるんです。

フェイスパウダーは、粉ですから、肌にぴったりくっつくものではありません。顔の上にぽんぽんとのせていくと、お肌全体に薄ーい膜をはったような状態になります。

するとどうなるかというと、お肌全体の印象を均一にして、凹凸や毛穴など、あんまり目立ってほしくない部分を、ごく自然にカバーしてくれるんです。

鏡のそばで、間近に自分の顔を見ている状態では効果がわかりにくいかもしれませんが、2メートルくらい離れた位置から見ると、フェイスパウダーがあるかないかで、全然変わってくるんです。

お店にあるテスターでも試せますから、ぜひ実際にお顔にぽんぽんして、鏡から2メートル以上離れてみてください。納得していただけると思います。

フェイスパウダー(お粉)を
メイクビギナーにオススメする理由

フェイスパウダーは初心者におすすめ

メイクをするのが初めて、という方は、なるべく薄く、ナチュラルなベースメイクから始める方が、失敗がないと思います。重ねるのは、あとでいくらでも重ねられますからね。

フェイスパウダーを使えば、ナチュラルにお顔の気になる部分をカバー出来るので、ぜひとも、初めてメイクにチャレンジする方に使ってみてほしいのです。

お化粧下地と組み合わせて、ベースメイクは化粧下地+フェイスパウダーだけ、という使い方が特にオススメ。ぱっと見の印象はすっぴんと変わらないのに、なんとなくお肌がきれいになって、あかぬけた印象になります。

お肌がキレイな人なら、ファンデーションは使わず、下地&フェイスパウダーで十分!ということも多いですから、是非、ベースメイクのアイテムを沢山使う前に、フェイスパウダーの力を試してみてください。

また、お肌に自信がない人、お肌の気になる部分を、ファンデーションやコンシーラーでしっかり隠したい!という人も、しっかりメイクの上にパウダーをのせれば、お肌に透明感が出て、ナチュラル感がアップします。

つまり、どんなお肌の人でも抑えておくべき、基本アイテムなんですね!

どの商品を買えば良い?

どのフェイスパウダーを買えば良い?

さて、フェイスパウダーの選び方としては、以下のようなポイントがあります。

①ルースパウダーでもプレストパウダーでもOK

この二つ、どう違うの?と疑問をもつ人も多いはず。ルースパウダーはさらさらのパウダーで、プレストパウダーは、ルースパウダーをギュッと固めた状態のこと。つまりどっちでも同じですね。使いやすい方を選べばOKです。

②色もあまり気にしなくてOK

パウダーは、あまりしっかりお肌につくものじゃないので、そんなに神経質にならなくても大丈夫。強いて言うなら、自分のお顔の色と同じくらいか、ちょっと暗いかな?という色を選べば絶対大丈夫です。

③ラメは入っていないものがオススメ

ラメ入りのフェイスパウダーは、よりつやつやで、透明感のあるお肌を演出してくれますが、ナチュラルメイクには合わなかったり、汗が光ってるように見えてしまったりと、使い方がやや難しいので、初めてのパウダーには、ラメなしのものが安心です。

④安い物でOK

フェイスパウダーには、すんごく高い物も存在してまして、やはり、高い物は高いだけの理由があったりもしますが、はじめてのパウダーは、安い物で十分です。

ちなみに〜

にこはパウダー大好きでして、

素肌をキレイに見せたいときに、お顔だけじゃなくデコルテや、手の甲なんかにもポンポンしたりします。

青白いインドア肌が、透き通る白肌・・・・ってな感じになります。

そう思ってるのはお前だけとか言わないでください!

 まとめ

フェイスパウダーは、ナチュラルメイクにピッタリ!

ナチュラルでないメイクにもピッタリ。みんなにオススメ。

公開日:
最終更新日:2015/03/31