じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

やる気が出ない時、モチベーションを上げる方法

モチベーションを上げるには/やる気が出ない/モチベーションが上がらない時の対処法

「やらなきゃと思ってるんだけど、どうしてもモチベーションが上がらない」

そんな時、あなたはどういう風に対処していますか?

やらなきゃと思っていること、たとえばそれは仕事だったり勉強だったりするわけですが、いずれにしても、「モチベーションを上げなきゃ!」と焦りを感じる時とは、誰かのためというよりは自分のために、それをやるべきだ!と強く感じているにも関わらず、やる気が起こらない、どうしても腰が重くなってしまっている時。つまり、自分で自分がコントロール出来ないという感覚に陥ったとき、「モチベーションが上がらない」と感じるようですね。

心では、やりたい、やるべきと思っているのに、体が動かない。

こういう状況が 続くと、だんだん焦りばかりが募っていき、よけいにモチベーションなんか上がらなくなりますよね。
どうしてこんな状況に陥ってしまうのでしょう?

そして、モチベーションを上げなきゃ!上げたい!と感じた時は、具体的に、どんな風に対処すれば解決できるのでしょうか?

順を追って見ていきましょう。

①モチベーションが上がらないのは何故?

20150314-192646.jpg
さて、まずは、何故モチベーションが上がらないのか?という、そもそもの原因についてなのですが、ズバリ言ってしまうと、「それをやりたくない」からです。

いや違う、自分はやりたいんだ、意欲はあるんだ、という反論もあるでしょう。でも、少なくとも、「今、あなたはそれをやりたくない」のは事実です。まずは冷静に、それを受けとめるしかありません。問題は、何故やりたくないのか?という事ですね。

まず、勉強や仕事などは、やれば自分に得があるとわかっていても、それ自体が楽しいものでなければ、やりたくないのは当たり前です。そんな正直な自分の気持ちを無視して、自分を厳しく見張って律しようとすればするほど、あなたの心は弱り、ますますやる気がなくなってくる。

では、それ以外のことはどうでしょう?これまでは楽しく、喜んでやっていた事が急につらくなったり、理由もなく手につかなくなったりするのは?

実はこちらのような場合も、原因は同じではないでしょうか。どこかで自分の気持ちを無視しして、「自分はこうあらねばならない」という意識で自分を誤魔化そうとしているから、気持ちが弱っているのではないですか?「こんなに害になる!自分の気持ちにフタをするということ」のページに詳しく書いていますが、自分の気持ちをごまかそうとすると、どんな人でも無気力になるように出来ているようなのです。

②邪魔しているのは、コントロールしたい気持ち

20150314-192727.jpg

つまり結局のところ、モチベーションが上がらないのは、「やりたくない」という自分の素直な気持ちを認めたくない、許せないから、ではないでしょうか。

その証拠に、もしも、あなたが自分の気持ちに本当に素直であるのなら、「モチベーションが上がらない」という事で、悩んだりはしないだろうと思うのです。「今はこれをやりたくない。だから、やらない。」これが、自分の気持ちに素直な態度です。簡単に言うと、あなたは自分に対して厳しすぎるのです。

誰かに厳しくされると、どんな人でも萎縮し、気力がなくなってしまいます。モチベーションが上がらないことで焦っているあなたは、自分自身から厳しくあたられて、萎縮し、気力を失っているのです。

モチベーションが上がらない!と苦しんでいる時、人は「自分が怠け者なせいで、自分は苦しんでいる」と考えがちですが、本当はまったく逆で、「自分は怠け者になってはいけないのだ」という厳しい態度が、あなたを苦しめているのです。

③焦るより、自分を振り返る時間を持とう。

20150314-192750.jpg

さて、モチベーションが上がらないのは、自分に厳しすぎるから。

自分にもっと甘くして、やりたくないことはやめよう。

と、言いたいところなのですが、それでは納得できない、という思いもあるでしょう。

今やるべきことがある、やらなければいけない。

そんな時は、何よりもまず一息ついて、自分を振り返りましょう。そんな時間はないと感じるのなら余計に、そうすることが大事です。

何をそんなに焦るのですか?焦ることが、これまであなたの役に立ったことがあるでしょうか?大丈夫、時間はそれほどかかりません。

ほんの10分、15分で構わないので、落ち着ける場所に腰を下ろして、「それをやりたくない」という気持ちと、「それをやるべきだ」という気持ちの双方に、耳を傾けてみましょう。例えばこう問いかけます。

何故、それをやりたくないのか?

今、全てを忘れて、何をやってもいいとしたら、何をするか?

どうして今、自分に素直になれないのか?

次にこう問います。
何故今、それをやらねばならないと思うのか?

自分は、自分がどうあるべきだと感じているのか?

もちろん、「やりたくない」と「やるべきだ」に向き合っても、全てが解決するわけではないでしょう。依然として、やらなければならない事は目の前にあり、避けることはできないかもしれません。

でも、自分の素直な気持ちを解放することで、気力を回復することができるのは間違いありません。

可能な限り時間をとって、気力の回復を待ちましょう。その「やらなければならないこと」が、本当にあなたにとって重要なことであれば、気力が回復しさえすれば、必ず、意欲が湧き上がってきます。自分にムチ打って義務を果たすより、意欲をもって取り組んだ方が何倍も結果が出る。それはあなたにもわかっているはずです。

なるべく自分の心を隠さず、マイペースでいきましょう。

まとめ

モチベーションが上がらない時は、自分の素直な気持ちを無視して、自分に厳しくなってしまっている自分に気付こう。自分の素直な気持ちを見つめる時間をもつことで、気力が回復し、モチベーションを高めることができる。

公開日:
最終更新日:2015/03/31