じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

相手も自分もハッピーになる「褒め方」のコツ

 褒め方/お世辞だと思われない/上手な褒め方

人を褒めることは、コミュニケーションをする上でとても大切なことだと言われています。

実際、褒め言葉は無料で贈れるプレゼントのようなもの。無料にもかかわらず、褒め言葉ほど人を幸せにするものはありません。

 

本当に胸を打つ褒め言葉は、いつまでも人の胸に残って、その人を支え続ける宝物になるのです。

あなたにも、昔誰かから贈られた宝物のような言葉が一つはあるはず。

 

「褒める」ことは素晴らしいことだと、誰でも知っているにもかかわらず、時に、「褒める」ということはとても難しいことのように思えます。

「お世辞だと思われたらどうしよう」「かえって嫌がられたらどうしよう」「こんなことを言って軽蔑されるかも」といった不安を感じて、ついつい躊躇してしまいますよね。

こうした不安を捨てて「褒め上手」になるためには、どうしたらいいのでしょうか?

「褒めるのが苦手」なあなたでもすぐに実践できる、上手な「褒め方」のコツを見て行きましょう。

言葉で相手を操ろうとしてはダメ

言葉で人を変えようとしてはダメ

人を褒めたいと思っているのに、躊躇してしまう。相手がどう感じるか、もしかすると不快に思うかも・・・と不安に感じてしまうとしたら、

おそらくその時、あなたは相手に何らかの見返りを求めてしまっているのではないでしょうか?

「自分のことを好きになってほしい」「自分のことを評価してほしい」という心が、どこかにありませんか?

そこで求めていることがどんな小さなこと、たとえば「相手の喜ぶ顔が見たい」「ありがとうと言われたい」といったことであっても、見返りを求めていることには違いないのです。

「尽くす女は愛される?嫌われる?」のページにもあるように、「見返りを求める行為」は、人を遠ざけてしまいますから、そのような不安を感じている状態で、無理に相手を褒めると、かえってマイナスに働いてしまうことが多いでしょう。

皮肉なことですが、本当に人を幸せにする褒め言葉とは、「相手が幸せになるかどうかに無頓着な褒め言葉」なのです。

 

上にも書いた通り、褒め言葉は無償のプレゼント。お返しを期待しないことに意味があるんです。見返りを求めない言葉こそ、人の胸を打つものです(尽くす女が愛される理由、嫌われる理由

人を褒めることを不安に感じたら、このことをもう一度、思い出してみましょう。

 

考えるより、声に出そう

考えるより、行動を!

褒めることを躊躇してしまうのは、見返りを求めているから。でも、見返りを求めてはいけない!なんて自分に言い聞かせることは、あまり役に立ちません。

そもそも、褒めたいのに躊躇してしまう人は、ちょっぴり考え過ぎなところがありますから、

「褒めたいなあ、でも、もし嫌がられたら・・・はっ、これは見返りを求めている!コレじゃダメだ!」

なんて考え始めると、いつまでもぐるぐるしてしまって、余計に褒めることが難しいことのように思えてくるのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが、

「考えるより、声を出す」ということ。「考えると同時に声を出す」でもOK。とにかく、「よーく考えてから声に出そう」という姿勢を崩すんです。

もちろん、うまく言葉が出てこないでしょうし、ちょっと場違いなことを言ってしまう可能性もあります。でも、あなたの気持ち、相手を褒めたいと思った気持ちは、とてもリアルに相手に響くはずです。少なくとも、考えてすぎて結局黙ったままタイミングを逃すより余程いいでしょう。

実は、褒め上手な人というのは、知らず知らずのうちにこれをやっています。自分がどう思われるか、相手がどう思うか、とかいったことを考え始めるより先に、「凄い!」「おもしろい!」「かわいい!」といった言葉が口をついて出ているのです。

大丈夫、変なことを言ってしまったら、変なこと言ってすみませんと謝ればいいんです。前提になっているのが「相手を褒めたい」という気持ちでありさえすれば、相手や周りに不快な思いをさせるようなことは絶対にありません。

まずは勇気を出して、声を出すようにしましょう。どうしても、変なことを言ったらどうしよう・・・と悩んでしまう人は、「「失敗するかも?」不安から抜け出すには 」のページも見てみて下さいね。

 

あなたしか気がつかない部分を探そう

オリジナルな褒め方で差をつけよう!

これまで、①見返りを求めずに褒めよう。②考えすぎずに、まずは声に出そう。とお伝えしてきましたが、

それでもどうしても、いろいろと考えてしまって、上手く相手を褒めることが出来ない!という人もいるでしょう。そんなに簡単に実行できないから、考えてしまうんだ、と思った方もいるでしょう。そんな人にとってもオススメの秘策があります。

それは、「わかりやすい長所を褒めるより、長所に隠れた部分をフォローする」こと。

人の長所には多くの人が気づきますから、それを褒める人も多いものです。上で書いたような、素直に誰かを褒めることのできる「褒め上手な人」も、人の長所に反応するのが上手いわけです。

具体的に言えば、凄く綺麗で仕事が出来る女性がいたとして、その女性は恐らく、沢山の人から「君は綺麗だね」「仕事ができるね」と言われているわけです。それはわかりやすい長所ですから、周りの人も良く褒めるし、本人も自覚している場合が多いです。

隠れた部分をフォローするということはどういうことかというと、そういう分かりやすい部分で無いところに、目を向けるということです。

たとえば、キレイで仕事が出来る女性は、周囲から褒められる度に、「自分はキレイでいないといけない」「仕事ができないといけない」というプレッシャーを感じているかもしれません。人間ですから、たまには仕事を休みたい日もあるでしょう。だらしない格好で過ごしたい日もあるでしょう。

そんな女性に、「たまにはゆっくりしてもOK、だらしない格好でも、あなたは素敵です」ということを伝えてあげるんです。

周りに褒めてもらえない部分を褒めてもらうという経験は、どんな人にとっても、かけがえのない宝物になります。

もしもあなたが、考えすぎて人を褒めるのが苦手」なら、もっともっとよく考えて、「相手の長所に、何が隠れているか?」を見てみましょう。

「そんな風に言ってくれるのは、あなただけですよ」

相手にそう言わせるような一言を、心を込めて贈ることができれば、あなたは立派な褒め上手です。

 

まとめ

人を褒めるのが苦手な人は、「相手の喜びを求めず、考えるよりすぐ言葉に出して褒める」ことで、褒め上手に近づける。

それでもなかなか言葉が出ないという人は、「あなたしか気がつかないような、長所の死角」を探して、そこをフォローする言葉を贈ろう。

公開日:
最終更新日:2015/03/31