じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

男性が語る「こういう女がモテる!」はほぼ嘘だ!①

   

「モテ」は女性にとって(もちろん男性にとっても、ですが)、永遠のテーマですね。異性の気持ちを引きたい、愛されたい。どうしたらモテるのか?

男性にモテたい。ならばターゲットである男性の意見を聞こう、と考えるのは自然な流れ。男性(の多く、もちろん全員じゃないですが)は言います、「女性は女性らしくないとモテないよ。顔がきれいなのも勿論大事だけど、清楚で家事が出来て気遣いが出来て、優しくて謙虚で…」

でもこれね、嘘だよねーって思うのです。

こういう言葉に振り回されて、無理して「モテる女像」を目指したりする必要はありません!

アンケートに振り回される店は潰れるという悲しい現象

あのー、まず前提としてですけど、上記のような「いわゆる女性らしい女性」がモテまくっているというような事実は全然ないです。ないです。ないです!!(強調)

人が何かに惹かれる時というのは、理屈ではありません。だから、こういう男性の意見、「男はこういうのが好きだよ」みたいな意見は信用なりません。

実際、モテモテの女性を観察すると「なんでこんな、女子力の低い冷たそうな女性が?」「性格が良いわけでもないし、可愛いわけでもないこの子がどうして?」みたいなこと、ありますよね?

これはね、物事の順番が逆なんだと思うのです。

「女子力が高いから好きになる」のではないんです。「好きになったから、女子力が高く見える」んです。だから「どんな女性が好き?」と聞かれると、「女子力が高い子」とか言うけど、そこに惹かれているわけではない。人は、何かに惹かれる理由を冷静に述べることなんて出来ないのです。

これは、マーケティングの現場でもよく言われていることですけど、「ターゲットの意見、アンケートを追いかけてはいけない」のです。参考にはするけど、鵜呑みにしちゃダメ。

「お客さんのリクエストに忠実に答えて商品や店舗を作り変えていく店は確実に潰れる」というのは小売や飲食の現場でよく聞かれる声です。かのスティーブ・ジョブズも言っていました。「客が欲しがっているものを作ってはいけない、客がまだ想像もできないようなものを作り出さなければいけない」的なことを(うろ覚え)

じゃあ本当にモテる人ってどんな人?

どういう人がモテる、と断言するのは、簡単なことじゃありません。世の中には色んな男性がいますし。

人はどんな時恋に落ちるのか…。

ニコもずっと考えていて、まだはっきりと確信はしていないのですが、

おおよそ近い答えは、こんな感じになるのかなと思っています。

「多くの人には、恋愛というドラマにおいて楽しみたいストーリーの形、演じたい役割がある」

「そのストーリーを一緒に演じてくれる人、自分が演じたい役を気持ち良く演じさせてくれる人を好きになる」

どういうことかと言うと。

例えばある人は、「清楚で可愛らしい彼女を男らしく守ってあげる」というストーリーに憧れています。こういう人は、自分と一緒にこのストーリーを演じてくれるくれる女性が好きです。「実際に女らしいかどうか、清楚かどうか、可愛らしいかどうか」なんかは重要じゃないのです。「自分に男らしさを感じさせてくれる女性のことを好きになり、そういう女性に対して、清楚だとか可愛らしいとかそういう印象を持つ」のです。

だから、こういうタイプの人にモテたければ、彼らの言葉を鵜呑みにして清楚に振る舞ったり可愛らしく着飾ったりするよりも、「あなたは男らしくて頼りになりますね」と伝えることの方がはるかに有効です。

またある人は、「冷たい印象のあの子の本当の姿を、自分だけは知っている」というストーリーが好き。ある人は、「たくさんの女性を振り回す悪い男なオレ」というストーリーが好き。パターンは色々ですが、対策は同じです。前者には、「こんなこと、あなたにしか話せないんだけど…」とか言ってみる。後者には、「モテモテで、悪いひとですねえ」なんて言ってみる。

狙ったターゲットの心を射止めることができる人=モテる人というのは、「相手が演じたがっているストーリーを正確に読み取り、そのストーリー通りに振る舞うことが出来る人」なのです。

顔が大事?

「でも色々言っても、結局男って美人が好きじゃん」とお思いのあなた、それも正解です。ほとんど(全員じゃない)の男性は、「美人をゲットするオレ」というのに憧れます。。まあ、でも女性もね、「イケメンに愛されちゃう私」っていうのが好きなので、これは、仕方ないことです。

でも重要なのは、「男性は美人が好き」という風に捉えないことです。あくまで、その人に「美人をゲットするオレ」を演じさせることが大事。だから、その人本人に美人だと思わせる努力(たとえば、その人が好きな女優のメイクを真似するとか)よりも、「その人の周囲で美人認定を受けること」の方が大事です。「美人をゲットするオレ」というストーリーに必要なのは、「周囲が美しいと認める人」ですから。その人だけに美人だと思わせても、周囲の人に「あの子可愛くないよね」とか言われてしまうとまずいのです。「美人をゲットするオレ」というストーリーに矛盾が出るでしょ。

逆に、周囲で美人認定を受けさえすれば、多少、ターゲット本人の好みから外れていても大丈夫なわけです。ストーリー通りだから。

続きます

言いたいことが色々出てきたので、次回に続きます!

次回は、「いかにして相手の演じたがっているストーリーを見抜くか?」について語ってみようと思います。

ニコ

 

 - モテ論