じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

ビビリの私が、フリーランスになろうと思えた理由

   

何度かこのサイトでも書いてますが、ニコはフリーランスとして働いてます。

絵を描いたり文章書いたり漫画を描いたりデザイン作ったりデザインを考えたりするのが仕事です。

私も以前は会社に勤めてたから分かるんですけど、その立場になったことがない人にとって、フリーって謎の存在ですよね。

ニコは基本的に会社に勤めている人と一緒に仕事をするので、仕事相手から色んなことを言われます。

「フリーなんて大変ですね!」とか、「稼げてるんですか?」とか、「休めてるんですか?」とかとか。

でも一番言われるのがダントツでこれ。

「不安じゃないんですか?」「よくフリーになる決断、できましたね」

この2つ、よく考えると意味は同じ。要するに、

「フリーなんて不安定な状態によく耐えられますね」

ってこと。

いや、よく分かるんです。ニコも同じこと思ってました、特に、フリーになろうかどうしようか考えてた時期は。「フリーでやってみたい、でも私なんか力不足だし経験もコネもないし…お金なくなったらどうしよう、稼げなくなったらどうしよう…でもフリーでやってみたい…」

とかエンドレスでぐるぐるぐるしてましたもん。

そんなビビリのニコが、どうしてフリーになる決断ができたのか?当時を振り返ってみようと思います。

今現在、当時のニコみたいにぐるぐる考えている方のお役に立てば幸いです。

大前提として

フリーランスになりたい!という情熱がありました。ニコは人付き合いはどちらかというと得意だけど、集団行動とか、みんなで足並みを揃えたりだとかがすごく苦手なのです。

仕事終わったのに空気読んで残業したりとか、暇なのに忙しいフリしたりとか、水面下で社員同士足を引っ張りあったりとか、そういうのがもう嫌いで仕方がなかった。

それを、所属している会社のせいだとは思いませんでした。いい会社だったと思います。他のところに行っても、だいたいはこういう不満が出てくるんだろうなと。

一方で、仕事は好きでした。だから、フリーとして働けたら、こんな苦しみから解放されるはず!と信じてました。

1:多分仕事をくれるだろうな、というアテがあった

これが一番最初の理由になるあたりが、ビビリだなーって感じでしょ?笑

でも正直、これはかなり大事でした。

いきなり仕事ゼロになって、そこから地道に営業して仕事をとって…なんて、本当に出来るのか?と疑っていました。

自分が所属している会社に毎日大勢の人が営業に来るのを(そして門前払いされるのを)何度も見ていたので、よけいに、自分一人で会社に営業に行くイメージが持てなかったのもあります。

今になってみると、自ら営業に行くのもアリだな、可能性あるなと思えますけど、当時は、フリーの仕事がどういうものだかサッパリ分かってなかったんですよね。だってフリーになったことないんだから、当たり前です。

あくまでも「多分」だけど、「多分」が外れたら仕事ゼロだけど、それでも多分、おそらく、あの会社は仕事くれるよね、という先が、一箇所確保できてました。これが最大の理由です。

2:フリーとして働くのが、周りにもプラスだと思った

私がフリーで働くことが、きっとみんなの為になる、と思っていました。

というか、そういう部分に意識的に目を向けようとしていました。

私は集団行動が向いてないんだから、会社にいると、どうしてもストレスを抱えてしまう。ストレスを抱えて働くことは、周囲にもマイナスなはず。

今会社で抱えている仕事は、そのままフリーになった私がやればいい。そうすれば会社も人件費を節約できる。

私がハッピーでいることで、友人や家族もハッピーになれる。

などなど。

「自分のためにフリーになる」ということばかり考えていると不安や恐怖にばかりフォーカスしてしまいますが、

「みんなのためにフリーになる」と思うと、使命感のようなものが生まれて、不安や恐怖を克服するパワーが湧いてきました。

バカみたいに聞こえるかもしれないけど、本当です。

最終的には、

「辛いけど、怖いけど、みんなのために頑張るぞ!フリーになるぞ!」ぐらいの勢いがありました。

冷静にこうやって見てみるとちょっとヤバい人みたいだけど笑 意味があったと思います。

3:もうどうにでもなれと思った

出た!超身もふたもないやつ。笑

でもねー、結局これなのですよね。ずーっとずーっと考えてると、もういいや、考えるのめんどくさい!って思う瞬間が必ず来るんです。

めんどくさいから会社続けよう!って選択もできたけど、何かの手違いで、

「もういいや、会社や〜めよ」ってなっちゃったんです。んで、上司に「やめます」って伝えちゃったんです。やらかしてます。

あーあ、やっちゃった!もう後戻りできない。

もうしょうがない、ここまできたら悩んでもしょうがない、フリーになるしかない!

失敗したらまた職探すかバイトしよー!

いや、実際こんな感じでした。滅茶苦茶ですね。笑

でも今でも、最終的には、決断の時ってこんなもんだと思っています。確信なんかない、勇気もない、恐怖も克服できてない、でも勢いでやっちゃえ、とばかりに飛び込むんです。先のことは悩みまくっても分からないんですから。

まとめ

ビビリ人間がフリーになれた理由は、仕事もらえるっぽかった・フリーになるべきだと自分に言い聞かせた・勢いに任せた、の3つ!笑

(今の所、フリーになって心からよかった!と思ってます。こんな私でも大丈夫だったので、悩んでいるあなたも、悩んで悩んで悩みまくったら、あとは勢いに任せてみるのもアリかもしれませんよ!)

ニコ

 

 - ニコの自分語り