じごくのにこ

幸せに生きるための考えをまとめてます。

自分の美しさを誇りに思うということ。

   

selfloving
ものすごく勇気のいることを言いますが!!!
ニコは、自分の顔が結構好きで、美しいと思っています。
鏡を見るのが楽しいし、密かに、「いやー、ニコめちゃくちゃ可愛いわ〜。やべえ」とか心の中でつぶやいています。

気でも狂ったかって?いやいや、話を聞いてください

皆さんからのツッコミが聞こえます…!
調子にのるなブスって?
勘違い痛すぎ終わってるって?
女優やモデルレベルの美人でもそんなこと言わないよって?
うん、そうですよね。もちろんニコは別に特別美形だというわけではないです。
世の中に、自分よりも美しい顔の人が山ほどいることはちゃんとわかってるし、自分の顔に残念なパーツがあることもわかってます。
でもでも、ニコはやっぱり自分の顔が好き。
「ブスだけど愛着あるよ」とかいう話ではないの。
ニコは自分の見た目を、可愛い、美しいと思うって、はっきり言いたいのです。

自分を自分で褒めちゃダメという風潮、もうやめませんか?

 みんな、自分に自信がある女性、自分の顔を好きな女性のことを(男性もですね)本当に、ものすごく叩くでしょう。
「あいつ自分のこと可愛いって思ってるよね(笑)」って、悪口の定番だし。
自分で自分のことを可愛いと思うのは、万死にあたいする重罪ってな具合にボコボコに言われますよね。
めちゃくちゃ綺麗な、それこそ一般レベルではありえないような美しいモデルさん、美しい女優さんが、
「私なんてブスだから〜」「かわいくないから〜」「コンプレックスだらけだから〜」なんて、雑誌やテレビでしきりに謙遜してる。
実際、どんなに美しい人でも、自分の美しさを認めるような発言をちょっとでもしようものなら、高飛車だと猛烈に嫌われます。
これってなんか不健全だと思うのですよ。

見た目は私そのものというより、私の作品なのだ!

顔や体などの外見は生まれつき備わっているものだから、それを誇ったりするのはバカだ、とおっしゃる人もいるでしょう。
でも、自分の見た目を磨く努力をしたことのある人なら誰でも知っている通り、美しさって、自分で磨き、演出していくものです。
人の外見は、その人自身の美意識、センス、普段の習慣が作り上げる、努力の結晶です。
自分の努力の結晶を誇りに思い、愛おしく思うのは当然ではないでしょうか?
せっかく作り上げた(完全ではないにしても)自分なりの作品を、自分で「ブスだ」「駄目だ」とか言うの、すっごく悲しいですよ。そんなこと言うの、求めないでほしいし、世の中のどんな人だって、そんなこと言わなくていいはず。
いや、本人が別に見た目をどうこう言われることに対して無頓着だったり、むしろブスキャラ嬉しいぜって本気で思ってるんだったら、別にそれを責める気は無いですけどね(もちろん!)

美しさは比較で決まるものじゃないよ!

改めて言います、ニコは、自分の見た目が好き。自分で作り上げたっていう自負があるから。かわいい、きれいだなと思う。
あの人やあの人より美人じゃなくてもいいんです。
昨日の自分より、今日の自分の方が綺麗だと思えれば、それだけで、自分の事素敵だ、かわいいって思えるんです。
でも、本当はみんなそうだと思うな。
別に化粧品変えたくらいで、見違える美人になんかなれないってわかってる。ネイル変えたぐらいで、急にモテるわけないってわかってる!!!
でも、そういう小さな小さな積み重ねが、「昨日より素敵な自分」を作ってくれる。それが、少しずつ、自信になっていくんですよね。
たまには鏡を見て、素直に自分を褒めましょう!
自分への愛を深める上でも絶対プラスです!

 - 美しいということ, 自分を愛するということ